猫を飼うにあたって

空前の猫ブームと言われるほど、猫が注目されています。
可愛くてお世話が簡単ということで猫を飼いたいという人が急増しています。
しかし、猫を飼う前には色々な準備が必要です。

まず、当たり前ですが猫は生き物なので、責任を持って一生付き合う覚悟を持つことが必要です。

それから、猫が飼える環境を整えることです。
特に賃貸物件の場合は、猫の飼育が可能であるかを確認することが大事です。
猫は爪とぎをするので、壁や床に傷がつくので、気になる人はあらかじめ保護シートなどで対応しておくことをお勧めします。

次に、猫の選び方です。
知り合いから譲り受けたり、ペットショップで購入するなど色々なケースが考えられますが、猫の年齢や種類、性別など総合的に考えることが大切です。
猫を初めて飼う人には生まれたての子猫は難しいかもしれないので、半年くらい経った猫を選ぶ方がおすすめです。
猫も生後半年ともなれば、日中留守にしていても割と安心して出かけられるからです。

猫にも色々なタイプがいるので、気長に接してコミュニケーションをとることがポイントです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*